繋がる子育て

祖父母に子育てをお願いするコツ!!

今回は、祖父母に子育てをお願いするコツ!というテーマでお届けします。

ムスメネコ
ムスメネコ
パパ!じぃじとばぁばのお家に行きたい!
ムスコネコ
ムスコネコ
いきた〜い!
パパネコ
パパネコ
うん、そーだね!(でも先週に連れて行ったばかりだしな。大丈夫かな・・・)

手伝ってくれるのが当たり前と思わないこと

孫の育児、体力がキツいです、なんと説明すれば伝わりますか。 50代、夫と二人暮らしです。 娘が3人いますが、真ん中の娘が4人の子持ちで、孫は全部で7人もいます。 そのせいかかわるがわる私に頼ってくるので大変疲れます。 幸せは幸せなのですが、先を争うようにして私の予定を聞き出して、子守りを頼んできますので本当に疲れます。

引用元:Yahoo!知恵袋

孫が可愛いと思えないんですが、可愛いと思っているフリをするのがキツイです。 世の中の多くの祖母は孫が産まれると喜んで可愛くて会いたい会いたいと思う様ですが、私の場合は出来れば会いたくない、面倒くさい、疲れる。 しかし、お嫁さんは私が孫に会いたいだろうと思っているらしいのです。 本心は会いたくもないのに会いたいだろうから会わせてやるって不遜な態度も不快です。 会っても可愛いと思えないのに会えて嬉しい演技をするのも疲れます。

引用元:Yahoo!知恵袋

いくら子供の頼みでも、頼られてどう思うかは人によるということを忘れてはいけません。

頼られて嬉しい人もいれば、そうじゃない人もいます。

子の頼みだから親は聞いて当たり前!といった考えを持っている人は気をつけましょう。

いくら身内でも、当たり前の様に頼られてばかりだとストレスが溜まります。

基本的には、まずは自分たちで何とか出来ないかを考えて、どうしてもダメな場合にのみ頼るようにしましょう。

まずは自分たちで何とかしようという姿勢が相手に伝われば「困ってるから助けてあげよう」と自然と思うはずです。

気を使いすぎて頼みづらい

孫を預かりたいです。今年75歳で内孫で初孫が生まれました。孫は6ヶ月男児です。お嫁さんは徒歩5分程離れたところに住んでいて孫を連れて遊びに連れて来たときに人見知りなのか孫が泣き始めました。 人見知りは良くないのでお嫁さんに預かってあげるから、たまには遊びに言ってきなさいと言ったのですが、専業主婦で特に預かって頂かなくても今のところ大丈夫です。と言われてしまいました。人見知りは良くないので預かるわよと言ったのですが、お嫁さんはある程度大きくなるまでは実家にも預けるつもりはありません。その時は支援施設に一時的預かってもらうと言っております。 私も男の子3人育てたので育児に自信はあります。どうしたら預けて貰えますでしょうか?かわいい盛りなのに預かりたいです。

引用元:Yahoo!知恵袋

先程とは逆に、祖父母は手伝いたいと思っているのに気を使いすぎて頼めないこともよくあります。

これは、どちらかというと義父母に対してよくあるパターンです。

頼られてばかりだとストレスが溜まることもありますが、頼られすぎないと「嫌われているのかな?」と逆に不安になってしまいます。

祖父母の方から提案された場合などは、遠慮せずに時には甘えても良いのではないでしょうか。

どうせ暇だと決めつけない

孫を預かりたく無い姑はおかしいですか? 孫は可愛いし愛しいです。でもあまり来られるとこちらの生活ペースが乱されて疲労が何日も残りつらいです。 私にも色々と予定があり、付き合いもあります。 息子夫婦は私達に孫を預ける事が親孝行だと信じており、嫌だと言えません。 月に1度はキツイのでせめて年に2回位で勘弁してほしいです。 私どもの家に訪問するのも週1回では負担なので月1回くらいにしてほしいと思います。 ここを見ると義父母が孫に会いたくてトラブルになるケースが多いですが私の回りの友人達は孫勘弁のかたが多いですがどちらがおかしいんでしょうね

引用元:Yahoo!知恵袋

当たり前ですが、祖父母にも自分たちの生活があり、生活のルーティンがあります。

働いている人はもちろんですが、働いていない場合でもです。

例えば、病院に通ったり、買い物に出掛けたり、友人とお茶をしたり。

家にいる時でも「9時になったらあの番組を見る」「15時になったらストレッチをする」などのマイルールがあったりします。

リズムを崩されて嬉しい人は中々いないと思うので、お願い事がある場合は出来る限り早めに知らせることを意識しましょう。

スポンサーリンク

経験者なんだからそれくらい分かるでしょ!はNG

祖父母は自分たちを育ててくれた人達ですから「子供のことなんて何でも知ってるでしょ♪」と思うのは自然なことだと思います。

しかし、それは何十年も前の話です。

祖父母も探り探りで「どうすればいいのかな・・・」と悩むことがあります。

出来て当たり前とは思わず「グズる時はこういう時だよ!」など、しっかりと子供の情報を共有しましょう。

自分の子供じゃないから余計に難しい・・・

よくある祖父母の声として「自分の子供じゃないからどこまでがOKなのか判断が難しい・・・」というものがあります。

自分の子供の場合でしたら「この程度は甘やかしてもいいかな」「こういう時はしっかりと叱る」と判断出来ますが、これは自分が親であり子の責任者だからです。

祖父母は身内とはいえ親ではありません。

判断が難しそうなことは、しっかりと自分の考えを共有しておくことが後々のトラブルを防ぐことになります。

これくらい払ってもらっても大丈夫だよね!はNG

姑の立場です。三男の嫁さんが 週に1回孫を見せに遊びに来たり パートを休めないと車で2時間の自宅に孫の世話をさせに呼び出したりします。孫も可愛く 嫁さんも悪い人ではないのですが 準備 したり朝早く家を出たりしなくてはならず イライラします。ご飯に出掛けても お金は私が出します。以前 嫁さんが沖縄旅行に誘ってくれましたが お金は4人分私が全て出しました。当たり前の態度です。少し 控えてほしいのですが どう注意したらよいでしょうか。

引用元:Yahoo!知恵袋

お金が関わることはしっかりと話し合いましょう。

子育ては様々な出費が付き物。

例えば1日子供を預ければ、様々な出費が発生します。

祖父母は何も言わずに払ってくれたりしますが、実は負担になっていること多々があります。

「何も言わないからいいや」ではなく「いつも払ってもらってるけど大丈夫?私も払うよ!」などと話してみましょう。

「子供には情けないところは見せれない・・・」と、自分からは言い出せず悩んでいることがあるかもしれません。

気持ちがこもった感謝を伝えよう!


これが一番大切なことですね。

些細な事でもしっかりと感謝を伝えることが大切です。

身内に対しては感謝を伝えるのが照れ臭いということがあるかもしれませんが、だからこそ伝えましょう。

「言葉にしなくても伝わる」というのは都合の良い幻想です。

正確には「まれに言葉にしなくても伝わることがある」だけです。

大抵の場合は「ハッキリと言葉で伝えないと相手には伝わらないもの」です。

しっかりと感謝の言葉は伝えましょう。

また、たまには言葉だけではなく違った方法で感謝を伝えると、より感謝の気持ちが伝わるかもしれません。

ご飯をご馳走したり、子供と一緒に手紙を書くのも良いでしょう。

基本的におじいちゃんおばあちゃんというのは、孫は可愛くて仕方がない!という人が多いはずです。

しっかりと「感謝してるよ」という気持ちが伝われば、喜んで祖父母も子育てを手伝ってくれることでしょう。

RABA
RABA
最後まで読んでくれてありがとうございます!